ナマポです。レジでお金を払うのが苦手です。

ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ

ナマポです。
底辺で生きてます。

ナマポの苦手なことにレジでお金を払うというのがあります。

普通は
レジで商品を出す→「○○円です」→それに見合ったお金を渡す→おつりをもらう→商品を持って帰る
といった流れです。

ですがナマポに取ってはこの流れが非常にハードルの高いものになります。

レジで商品を出す。

「○○円です」と全部でいくらかを告げられる。

財布からお金を取り出す。

例えば税込み108円だったとします。
そのためには財布の中に100円玉と5円玉が1枚、1円玉が3枚、そして他には小銭がないのが理想です。
次は100円玉と10円玉がある場合など。
要するにすぐに目的の小銭が取り出せる状態です。

ところが小銭はやたらたくさんあるけど100円玉が見当たらない。
でもまあ数えれば多分110円ぐらいあるだろうと思って、いざ小銭を並べたりしたらあと1枚足りない……

余計な時間を何秒も使って目的を達成出来ないのです。

レジの人だけじゃなく、後ろに並んでる人たちにも多大な迷惑をかけてしまってます。

こんなこと誰にだって1度や2度あることだと言われそうですが、ナマポはこんな状況になってしまったら恥ずかしくて2度とその店に行きません。

だったら紙幣でいいかと1000円札を渡します。
そしてレジの人がおつりの小銭を準備してる間に、数えたら108円分丁度の小銭があったりします。
この瞬間「レジの人に余計な仕事をさせてしまった……」とまたしても何とも言えない気持ちになります。

これはまだいいです。
次のハードルがおつりを受け取ることです。

まずお札を受け取り、財布にしまう。→
小銭とレシートを受け取る。→
小銭は小銭の場所にしまう。→
レシートは別に場所にしまう。

小さな関門ですが、たまにやらかします。
ナマポは小銭とレシートは違う場所にしまいます。
ナマポ、同時に二つの作業が出来ません。
二つのものを別々の場所に収納しようとして、この時よく小銭を落としてしまいます。
これだけで軽くパニックです。

そして財布を鞄にしまう。→
鞄のチャックを閉じる。→
鞄を肩からかけ直す。

ナマポ、この一連の流れにものすごく時間がかかります。
鞄がパンパンなことが多いからです。
さっきまで鞄に入っていた財布が、何故か今度は入らないのです。
結局無理矢理押し込むことが多いです。

そして最後に商品を持って立ち去る。
これがいちばん大変です。
最近はレジの人がお客さんが商品を持って立ち去るまで待っていて、立ち去るときに「ありがとうございました(にっこり)」とお礼を言います。

ナマポは一刻も早くその場を立ち去りたいのですが、さっきのように鞄が閉じられずモタモタして「間」が出来てしまうことが多いのです。
するとレジの人が待ったままの状態になります。
ほんの数秒ですがこれが嫌です。

なんとかあわてて立ち去りますが、出口付近でふと後ろを振り向くと、まだこちらを見ていてまた頭を下げてくださったりします。
たかがジュース1本でそこまでされると本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

それから自販機で買うも人通りの極端に少ない時を狙います。
自販機の前で悩んでいる間に後ろに人が来たら嫌だからです。

こんなことばかり悩んでいます。
コンビニに行くだけでストレスたまります。

いつまでたっても底辺です。

スポンサーリンク
レクタングル336280(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル336280(大)