有名人の三大自慢話はもう結構です

ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ

ナマポです。

底辺で生きてます。

「サイゼリヤで875円の食事をする人の気持ちが分かるのは鳥越俊太郎さんだけ!」 都知事選の応援演説が話題に

そこに、私と同じように、一人で夜ご飯を食べて、かつ、仕事してる人いるの。
お父さんたち、そしてお母さんたちだと思います。私も働く母です。
子供のことを気にしながら、仕事をして、夜遅くまで仕事をしながら、頑張ってる人いるんですよ。
で、875円で、スパゲティーを食べ、サラダを食べ、

「ちょっと健康考えてサラダ入れていこうかな?」
「一杯グラスワイン自分ご褒美いいかしら?」

そう思いながら食事をしている人の気持ち。 これわかるのは、鳥越俊太郎だけじゃないですか?
他の候補に、こんな、私たち生活者のことがわかるんだろうかと思います。

動画

またです。

もういいです。

ナマポが大嫌いな、有名人のよくある3つの話題。

1つ目はお笑い芸人の、子どものころ家庭が、もしくは下積み時代の貧乏話

2つ目はアイドルタレントの小中学校時代にいじめにあったといういじめられ経験

そして3つ目は政治家の庶民派アピール

こんな話、テレビで流すのはもうやめてください。

聞いてて辛くなります。

お笑い芸人「パンの耳食べられたら良い方や。お金が無くて昆虫や草を食べてたで」

本当だったら草を美味しく食べるレシピを教えてください。

パンの耳を毎日買う(もしくは貰う)のがどれだけ恥ずかしくて大変か知ってるんですか。

ナマポはもう何年も朝と昼はパンの耳食べてるんです。今もです。

アイドル「クラスのみんなから無視されて友だちがいなかった」

何気に同級生たちを加害者にするのやめてあげてください。

ナマポはみんなから無視されるのはお前が悪いからだと、みんなの前で先生に言われました。

政治家「居酒屋やファミレスでいつも食事しています」

慣れない店で外食してる人はカメラを通して見てもすぐにわかります。

ナマポもたまにサイゼリヤ入るとメニューの値段見ただけで緊張してしまいます。

いつまでたっても底辺です。

スポンサーリンク
レクタングル336280(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル336280(大)